×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

flower's tale トップページへTOP>flower's tale>配達と生け込み

■flower's tale 配達と生け込み


配達と生け込み

 店の近くへの配達は、店の自転車で行っていました。普通のママチャリではなく、タイヤが ちっちゃい、独特な形の自転車でした。アレンジメントスクールへのお花のお届けだったり、 お得意さんへの注文の花のお届け、花キューピッドの配達品だったりします。  いずれの場合も届けた先の人の喜ぶ顔が見られることが良いです。私がその人に花をあげて いるわけではないけれど、嬉しそうな笑顔で「ありがとう。」って言って頂けて、こちらもす ごく嬉しくなってしまいます。帰る時にはなんだかすがすがしい気分で、良いことした後のよ うな気分になります。

 花と領収書とお釣りを持って、自転車で家に向かいました。10分位で着く所にそのお宅は ありました。玄関には花屋で使うような黒い水桶がすでに水を張った状態で用意されていまし た。「ご苦労様。」と笑顔で言うと、「うちはインコがいて、お花がとっても好きだから、こ っちの花はインコちゃん用のなの。」とペットのインコの話をしてくれました。「ちょっと見 ていかない。」と玄関あがってすぐの部屋に籠に入れられたインコがいました。そして、帰り 際「これ、届けてくれたお礼に。」と1枚の紙幣を差し出され、一度はお断りしましたが、「 気持ちだから。」と受け取りました。  配達から帰って、店長に「お客さんが帰りにこれを。」と渡そうとすると、少し考えてから 「レジに入れといて。」と言いました。

 また、夏の暑い日にお悔やみの花のお届けがありました。その時は確か歩いてお届けに行き ました。真っ白な八重のトルコキキョウがたくさん入った、1万円ぐらいの大きな束でした。 それはそれは綺麗な花束で、その頃はまだそんな大きな束は作れなかったから、ただただ感心 していました。太陽の光をもろに受けてしまうので、水がおちないうちに少しでも早く届けた いと途中からちょっと小走りで届けました。(笑)

 生け込みの仕事に連れて行ってもらったこともありました。生け込み用の花を用意したら、 同じアルバイトの先輩の車の助手席に座って行きました。  一つはデパートに入っているあるブティックのディスプレー。まずは今まで入っていた花を 取り出し花器を洗います。その花器は大きな壷だったのですが、そこに枝ものを入れて、残り の花をバランス良く入れていきます。私は先輩の生け込む様子を見ていました。
 もう一箇所は、おしゃれなフランス料理店でした。薄暗い雰囲気のある店内で、テーブルに 1つずつ一輪挿しがあり、その他メインの花がありました。その時は先輩がメインの花を生け ている間に私が一輪挿しの花を生けて行きました。

 配達にしても生け込みにしても外に出掛けることで気分転換にもなるし、わくわくするので 好きでした。

カテゴリー

私の花の教科書
愛用の図鑑や本

誕生花
1月/2月/3月/4月/5月/6月/7月/8月/9月/10月/11月/12月

花言葉

国花
アジアの国花

都道府県花

flower's tale
ある日の話
花屋でアルバイトしたいの巻
母の日だけの花屋バイト
花屋バイトの面接
初めての花屋
いろいろな鉢物
花束作り
社長の人柄
配達と生け込み
店番
禁断の実
時には
国民年金

気まぐれ花日記

HAPPYわくわくブログ

身のまわりの花
2005年
2004年
2003年
2002年

ふうせんかずら
成長記録 1
成長記録 2
成長記録 3
成長記録 4
成長記録 5

花紀行
ひまわり畑
秋の公園・萩のトンネル
秋のバラ園にて
紅葉の旅
春満開『桜』
かたくりの花
夏の旅・植物園の色鮮やかな花

hanaの
グルメレポート

あっぷるくーへん

年齢早見表

厄年早見表

素材
素材持ち帰りの注意事項
素材