×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

flower's tale トップページへTOP>flower's tale>花束作り

■flower's tale 花束作り


花束作り

 「簡単そうに見えるだろう?でもやってみると意外と出来ないんだよ。」 そう言ってから、社長は花束の組み方を教えてくれました。  メインの花にあんこになる花を加え(あんこと言うのはクッションになっ てくれるもので例えばソリダコのような花。それを入れる事によってメイン の花と花の間隔がうまく開いてくれるのです。)そしてメインの花より小さ めの花を足しながらふんわりと作っていきます。そして最後にグリーンでま とめて出来あがり。社長が作るとさくっ、さくっとリズム良くあっという間 にまあるいきれいな花束の出来あがり。私がやると・・・

 茎はスパイラルに組んでいきます。絶対途中で交差したりなんかはしない のです。つまりすべての茎が同じ方向を向いていくようにするのです。最終 的には花束の真中の花はまっすぐだけど、後の花はだんだん角度がついて斜 めに入るようになるわけですが、それがどうも組み終わると結局全ての茎が 真っ直ぐになってしまうのです。

 私が組んでいるのを見ながら、「良く見てろよ。」などと言いながら、社 長も横で組んでくれます。「こう言う風に横から持っていくんだよ。」「そ んなぎゅっと持ってたって出来ないよ。」そうなんです。花束作りに慣れな い頃は茎を握っているうちに手がつりそうになってしまったりするんです。

 そして最後に握っていたところを支点にしてそこに輪ゴムを巻きつけ、3回 くらい巻いてから自然に下の方へくるくる下ろしてきて留めます。支点に巻き つけるのは良いのですが、そのあと下の方に下ろしてくるとどうしてもせっか く綺麗に開いていた茎も閉じてしまい、その結果上のお花の部分もぎゅっと固 まってふんわりとしたものになりません。どうして同じことをしているのに社 長の作ったほうは大丈夫なんだろう?と思っていました。が、今考えれば支点 の所でかなりきっちりと留めて下の方はあまり力をいれないで軽く下ろせば良 かったのではと思います。

 この後も何度となく練習をさせてもらいました。ある時なんかはローテロー ゼがあって、「それをキーパーから取ってきて」と言われ、取り出してくると 「これで丸く花束にしてみて。」とその花で練習。その時はまだそんなにたく さんのバラの花を使って花束組んだことなかったからほんとに良いの?なんて いう感じで、同じ花で何回も練習しました。そして「今日その花持って帰って いいよ。」と店長さん(社長の奥様)が言ってくれて、感激してしまいました。 夏でもうすっかり開いてしまって売り物にならないバラでしたが、自分で作った 花束でしかもバラの花。  家に持って帰って、もちろんお母さんに自慢しました。「これ、私が作ったの 。」

カテゴリー

私の花の教科書
愛用の図鑑や本

誕生花
1月/2月/3月/4月/5月/6月/7月/8月/9月/10月/11月/12月

花言葉

国花
アジアの国花

都道府県花

flower's tale
ある日の話
花屋でアルバイトしたいの巻
母の日だけの花屋バイト
花屋バイトの面接
初めての花屋
いろいろな鉢物
花束作り
社長の人柄
配達と生け込み
店番
禁断の実
時には
国民年金

気まぐれ花日記

HAPPYわくわくブログ

身のまわりの花
2005年
2004年
2003年
2002年

ふうせんかずら
成長記録 1
成長記録 2
成長記録 3
成長記録 4
成長記録 5

花紀行
ひまわり畑
秋の公園・萩のトンネル
秋のバラ園にて
紅葉の旅
春満開『桜』
かたくりの花
夏の旅・植物園の色鮮やかな花

hanaの
グルメレポート

あっぷるくーへん

年齢早見表

厄年早見表

素材
素材持ち帰りの注意事項
素材