×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

flower's tale トップページへTOP>身のまわりの花>2004年

■2004 二ゲラ(黒種草)


今年の春ニゲラの種を蒔いて育てていました。ほんとはもっと間隔を空けて蒔かなければいけなかったのだけど、間引くのももったいないし、もしぎゅうぎゅう詰めにしたらどうなるのかな?という実験の意味もかねてわざとぎゅうぎゅうにしていました。さすがに蕾はつくかかなり心配だったのですが、気が付けば数え切れないほどたくさんの蕾がついてました。

花が咲くのはまだかまだかと5月に入ってから毎日楽しみにしてました。そんな中、初めて咲いた一番花はブルーのこの花でした。

次の日には白い花も咲き始めました。ブルーも良いけれど、ホワイトの方も凛として素敵です。コスモスのような細い葉に包まれた花は宝石のように見えます。

1輪咲き始めると一斉にいくつもの蕾が開いてきました。ブルーもホワイトも咲いてきて今はこんな感じ。ニゲラは英名で他にも「デビル・イン・ア・ブッシュ」「ラブ・イン・ア・ミスト」とも呼ばれます。和名では「黒種草」。その名の通り花後に球状の果実の中に黒い種が出来ます。

ブルーの花が咲き始めるところ。なんともいえないグラデーションのつき具合とスジが綺麗。

ニゲラの種の袋についていた写真にはピンクの花も映っていたのに、うちのは初めブルーとホワイトだけでピンクは咲かないのかなと思っていたらちゃんと咲きました。というより、ピンクだけは蕾からピンクではなくてホワイトのものが咲いてから色がピンクに変わるみたいでした。色が刻々と変化するのも面白いもので、1日見ていても飽きません。

横から見るとこんな感じに真中の部分が盛り上がっているのがお分かりいただけると思います。

ピンクが加わり、ホワイト、ブルー、濃いブルーとかなりにぎやかになってきました。でもその全てが優しい色合いで、調和しています。1袋の種でこんなにいろんな色が楽しめるなんてとても徳した気分だわ♪

盛りあがっていた部分がさらにどんどん大きくなって、こんな実になります。咲いている時はクルッと丸まっていたのに、実になり始めた途端ツンととんがりだしてとっても愉快。体操選手が最後に決めポーズをとる姿に似てませんか?

カテゴリー

私の花の教科書
愛用の図鑑や本

誕生花
1月/2月/3月/4月/5月/6月/7月/8月/9月/10月/11月/12月

花言葉

国花
アジアの国花

都道府県花

flower's tale
ある日の話
花屋でアルバイトしたいの巻
母の日だけの花屋バイト
花屋バイトの面接
初めての花屋
いろいろな鉢物
花束作り
社長の人柄
配達と生け込み
店番
禁断の実
時には
国民年金

気まぐれ花日記

HAPPYわくわくブログ

身のまわりの花
2005年
2004年
2003年
2002年

ふうせんかずら
成長記録 1
成長記録 2
成長記録 3
成長記録 4
成長記録 5

花紀行
ひまわり畑
秋の公園・萩のトンネル
秋のバラ園にて
紅葉の旅
春満開『桜』
かたくりの花
夏の旅・植物園の色鮮やかな花

hanaの
グルメレポート

あっぷるくーへん

年齢早見表

厄年早見表

素材
素材持ち帰りの注意事項
素材